野球の体幹トレーニング方法を考える

体幹トレーニングがスポーツ業界で流行っていますが、野球も筋力や柔軟性と同じように体幹は大事です。
野球でなぜ体幹トレーニングが必要なのかというと、バッティングやピッチングなどの打つとき投げるときに、体幹が安定していることで遠くへ飛ばすことができますし、コントロールも良くなります。
バッティングで打球をとらえることが出来ない人は、体幹トレーニングで鍛えることで、ボールに対する正確な動きができます。
コントロールが悪いピッチャーは、体幹が安定されることで目標に向かって投げることが簡単になります。
体幹トレーニングでは腹筋などのインナーマッスルを鍛えることができますが、協調して働くことができるのがアウターマッスルになります。
インナーとアウターは一体となっていることから、一緒に働くことで複雑な動きを可能にしています。
バランスを崩さないように体幹トレーニングをすると、野球では様々な面でプラスになりますので、毎日のトレーニングには欠かせない方法になります。

Copyright野球 All Rights Reserved.

野球